カテゴリ:コラムっぽいもの( 22 )
世間一般論でいい会社に入るにはいい大学を出ないといけない
というのがありますが
そもそもいい会社っていう言い方がおかしくて
正確に言えば給料がいい会社だ


給料は直接その人の生活レベルに関わってくるものなので
今世間で騒がれている格差社会ってのはすでに大学…
ひょっとしたらもっと前の高校受験のところから始まっているのかもしれない

給料の格差だけに着目して話すと
大卒の初任給が19万の会社だとすると
大学院などを経て就職した場合は初任給が約24万である

大学院にまで出て勉強したのだから(知識があるのだから)
他の連中より給料が高いのは当たり前である
という考えも分かるが(というかこの考え方が世の中に浸透している)
大学院にまで行くとなるとお金がかかる

そう、勝敗はもうすでに決定している
しかもそれは自分の意思とは無関係で関与できない所にある
この世の中に生れ落ちた環境が裕福だったかそうでないか


だがそんなもので人の価値が決ってしまうほど世界はまだ腐っていない
他の人の目にどう映っていようと知ったことじゃない
あなたの世界はあなただけのもの

地軸は自分、ゆっくり地球儀を廻して行こう
[PR]
by s_shizuku | 2007-04-28 01:55 | コラムっぽいもの | Comments(0)
格差
今いろいろな意味で旬な言葉が格差

格差社会と言われてますが
直接自分でそれを体験してはいないが
周りの人の話などを聞くといろいろ感じるものがある

仕事で言えば仕事をした報酬である給料の格差
同じ年齢で勤める場所が違うだけでだいぶ給料も違うものです


でも一番分からないのは
選挙運動の一環であるテレビのCMで流れる格差

「格差社会が広がっています
それを食い止めなくてはならない」

みたいな発言をしているCMですが
結局その格差を食い止めるために何をするんでしょうか?
選挙で当選するまでが一生懸命でその後なんもしない人たちの給料を
まずは世間一般で言う平均の給料まで下げるとか
そういう分かりやすい行動をとってもらいたいものです
[PR]
by s_shizuku | 2007-04-20 01:02 | コラムっぽいもの | Comments(0)