RJC2015を終えて1
あの熱い戦いから早3日。
仕事終わって夜練習がないのがものすごく違和感を感じているセクエンツァです。

今年はまず3年ぶりの決勝トーナメント出場という大きな目標を掲げ練習を行い
こちらは達成できましたが、人とは欲深い物で次は優勝を目指して練習を行いましたが4位という結果になってしまいました。

BoMは今年多数の構成を用意しました。
これは3年前1つの構成しか持っておらず、対応しきれず4位に終わってしまったことを教訓としてのことでしたが
10Secondさんのブログで解説されていました通り、あまりにも幅広くやってしまったため
これがウチの鉄板!というものが用意できなかった感は否めないです。
予選トーナメント前ですら結構な構成数でしたが、決勝トーナメントが決まった後も何個構成をつくったか本人たちでさえ分かっておりません(苦笑)
来年があったらこのあたり踏まえてもっとうまく練習していきたいところです。

まだ構成のお話続けますが
ギルド内でも色々と構成のことで揉めました。
特に予選トーナメント前にとあるメンバーがABを抜いた構成を推してきた所です。
今回5人ということで、何かに特化すれば何かに弱くなるといったことがザラでした。
決勝トーナメントに出場するギルドは、やはり練習量も多く職構成の考察もしやすいのですが
予選トーナメントでは1回も当たったことがない所とやるということも珍しく無い状態で相手の戦力分析がまったくできませんでした。
なのでどうしても、ジェネのマンドラ、WLの各種状態異常、葱のイグノアの可能性がある限りABを抜くというのは私には理解できず
結構声を荒げてしまったこともありました・・・。
でも結果それで決勝トーナメントに行けたのであれは正しかったと思いたいです。


ちなみに10Secondさんと決勝でぶつかった場合は1戦目
皿RG修羅メカ葱
皿RG修羅ジェネ民

と、ABを抜いた構成をぶつけようと考えていましたが実現せず・・・。


次回、各ギルドの考察!!

[PR]
by s_shizuku | 2015-10-06 21:43 | RJC2015 | Comments(0)
<< RJC2015を終えて2 RJC2015 速報 >>