ROプレイヤーでも分かるFF14 その2
【PTプレイ】
・「コンテンツファインダー」というものが存在し、サーバーの垣根をとっぱらって全サーバーから自動的にPTをマッチングする機能がある。
・コンテンツファインダーが使えるのはダンジョンと多人数サブクエストのみ。
・全サーバーでPTを組むのでダンジョンは基本インスタンスダンジョン(ROでいうET)
・いらない職というものは基本ない
・最小構成がタンク1、ヒーラー1、アタッカー2の4人構成。これも自動的にこの組み合わせでマッチングされる。
・もちろん身内でPTを組んでダンジョンへ行くことも可能。


【システム】
・ROでは1キャラ1職業なので複数キャラクターを用意、またスロットが足りなければ複数アカウントが必要だったが、1キャラクター複数職業が可能。
・1アカウント10キャラ作成可能。(たしかそうだったはず)
・メインアーム(武器)の装備を変更すると職業が変更される。職業ごとにレベルを保持する。
・ROでいうステ振りの概念も一応ある。これも職業ごとに割り振れるので、ソーサラーでInt全振りでも武器を剣に変えてファイターになったからといって不利にはならない。
・露店を自ら開く必要はない。メインクエストを進めると自分専用の商人を雇うことが可能で、その商人に売り物を持たせることで露店となる。
※ROと違って複数アカウントで大きなアドバンテージになることはない。よってお財布に優しい


【ギルド】
・ROでいうギルドのようなものは存在する。
・ギルド単位で家を買うことができる。またレイアウトなどさまざまな要素あり。


他にも色々ありますがとりあえずこのへんで。
何か聞きたいことがあれば答えます!(といってもβ3に参加しただけなので全てを知っているわけではないですが)
[PR]
by s_shizuku | 2013-08-15 00:18 | FF14 | Comments(0)
<< オープンβ 日時決定 ROプレイヤーでも分かるFF1... >>