会社から家へ帰る途中にふと思う
周りにあるもののほとんどが消費物であることに気づく。
食べ物、ペン、化粧品etc

音楽やマンガも消費されて消えていくことが多々で
少し悲しいけど現実。
たとえば1曲すばらしい曲を書いて評価されても、その一瞬のできごとであり
何年も時代を重ねるごとに薄れていってしまう。

本当に価値あるものはなんだろうと考えたとき
消費されないものこそ価値があるんじゃないだろうか。
例えが極端すぎるけど
使い捨てのコンタクトレンズより、1万円以上する使い捨てではないコンタクトのほうが価値があるように
消費されないもの、つまり壊れないもの(壊れにくいもの)は価値がある。

壊れないもので、そして壊れないで欲しいと望むものだけど、
ちょっとしたきっかけで壊れちゃったりするものもある。
友人、家族、恋人とかが該当するんじゃないかな?

失いたくないと思うものはきちんと大切にしていこうと思う。
何億ってお金(消費物)よりよっぽど価値があるのだから。
[PR]
by s_shizuku | 2009-08-20 20:49 | コラムっぽいもの | Comments(0)
<< 冬コミ 先生! >>